織田氏の奥さんとの出会い

・出会いがないと嘆くよりもまずは外に出よう

仕事と家の往復ばかりで異性と出会う機会がない・・と嘆く前に無理をしてでも会社→家、学校→家以外の何かを挟み込んでみましょう。

会社帰りに必ずよるバーをつくるもよし、スポーツクラブに通うもよし、学生さんならばサークル活動などに参加してみることです。

人との出会いのチャンスを増やすという事柄において、一番確実なのは人の多い場所に自らを置いてみるとよいでしょう。

まずは環境づくりから、家にひきこもってしまっては出会えるものも出会えません。

・コミュニティを多く持てば自然と出会いは増える

出会いのチャンスを増やすには仕事以外の時間を多くもつことが何よりも有効です。

そしてそのコミュニティはひとつに限らず多ければ多いほど出会いのチャンスが増えることでしょう。

外に出ることが苦手、まだ外に出て何かに参加する勇気がないという方は、コミュニティをネットに求めてみるのも良いかもしれません。

Facebook・TwitterなどのSNS、mixiのコミュニティなどは同好の趣味をもった異性を探すにはもってこいのツールでもあります。

また出会い系サイトと呼ばれるサイトなどでもふしだらな目的ではなく、内面を語り合う相手を探している人もいます。

こうしたネットサービスを有効利用してコミュニティを増やしていくことも可能です。

・一夜の恋だって出会いといえるはず

出会いというのはドラマのようなロマンティックなストーリーがあるとは限らず、一夜限りの恋からうまれる事もしばしばあるものです。

バーや居酒屋で意気投合し、オーバーナイトな関係をもってしまったことから始まる事だってあります。

もっというなれば出会い系サイトにおいてセックス目的で出会った男女が体を重ねるうちに情が移っていきいつしかセフレという関係以上のモノになることだってあるのです。

動機に純真さはありませんが結果がでてこそなにより、アクションを起こしてパートナーをゲットしましょう。

特に出会い系サイトは人恋しい男女が集まりやすい場所、こうしたサイトで一夜の相手を探してみることからはじめてみるのも良いかもしれません。

出会いから始まる恋だけではなく、肉体関係から始まる恋だってあるのです。

「2人の出会いは?」と聞かれて「出会い系サイト」とは答えにくい部分はありますが、まぁその辺は「友人の紹介で」「ネットで知り合って」などと言い換えることだって可能ですしね。

知り合いの織田茂徳さんもソーシャルメディアで出会った女性と結婚したそうですよ。

→織田茂徳子育てのブログ

・秘訣はガッつかずに爽やかに

積極的に行動することを推しておりますが、あまりにも露骨に本来のコミュニティの目的から異性への関心をあらわにしていると引かれてしまうことも。

表面は草食系、中身は肉食系でいくことがベストです。

コミュニティの輪を乱すことは厳禁、モテたいのならば表面上はとにかく爽やかさを前面にだしていきましょう。

しかし言う事は言う自己主張も大切、爽やかに目立つことで自然と異性の関心はアナタに集まってくるはずです。

Comments are closed.