一人暮らしの学生生活とはどんなものなのか

生まれてから高校を卒業するまでの間は実家で暮らして、その後大学を進学する際に一人暮らしをするという人も少なくはありません。

小さい頃から一人で暮らすことに憧れていて、上京と同時に念願の生活がはじまる…というのは本当にうれしいことですよね。

例えば音楽大学に進むことになった場合、他の大学に比べて都会にあることも多いので、自然と上京することになる学生もかなり多いと思われます。

期待と不安を抱えての暮らしが始まりますが、いざ学校生活が始まってしまうと不安な気持ちはほとんどなくなると思います。

学校で新しい友達ができて、その人たちと毎日遊ぶようになると、本当の意味で楽しい一人暮らし生活を送ることができます。

彼氏や彼女を作ったり、大学生ならではの遊びに興じたりなど、様々なことを体験できるようになるのもこのころです。

しかし音楽大学に通っていると、大学によっては練習ばかりをして腕を磨く…ということも少なくありませんので、そこまで自分の自由時間を作ることはできないかもしれません。

学校や自宅での練習に取り組んで…ということが続くかもしれませんが、そもそも音楽大学へ入学するという人は楽器演奏や歌うことなどが大好きな人ですから、自分の実力アップや将来のために頑張ることができるでしょう。

もちろん音楽大学に通っているからと言って全く自由時間がないわけではありませんので、時間をうまくコントロールすることによって、一人暮らしを思う存分満喫することができるでしょう。

一般的な大学生の日常の過ごし方といえば、カラオケやボーリング、カフェやファミレスでの談笑、買い物などが連想されますが、音楽大学の学生であれば楽器を使ったセッションや一緒に練習をするということも考えられます。

それ以外にもアルバイトをする人が多いのも特徴です。

学費の一部を稼いだり、携帯代や遊び代などをアルバイトによって稼ぐというのは今の時代当たり前かもしれません。

中には一人暮らしをすることでホームシックになってしまう場合もありますが、大半は慣れてきますし、逆に一人暮らしの心地よさに夢中になってしまうかもしれません。

いざ社会に出てしまうとなかなか自由な時間を作れませんので、「遊ぶなら大学時代」という考え方も間違いではないでしょう。

音楽大学の場合にはなかなか遊べないかもしれませんが、自分が本当にやりたいことを学べているという幸せを実感してほしいと思います。

 

※参考リンク
<共感> 大学生 一人暮らしあるある。 – NAVER まとめ
武蔵野音楽大学江古田キャンパス

Comments are closed.