自分の投資方法に合った証券会社

個人投資家の方が証券会社と接する際には、主に株の売買を依頼する際にコンタクトをとることになります。

株の取引きは株式取引所において行われており、個人投資家は株の売買をする為には証券口座を開設する必要があります。

日本国内だけでも多くの証券会社が存在していますが、どのようなサービスを提供しているかについては各会社によって異なってきます。

自分の投資方法に合う会社を選ぶようにしましょう。

また、個人投資家に対して株の販売業務を行っている一方で株式上場を予定している会社の上場をサポートする業務も行っています。

会社が上場する際には多額のお金が動きますので、大きな利益を上げる可能性があります。

まず、証券会社が利益を上げる為には、個人投資家が株を購入する際に手数料を取ることで販売手数料収入を得ます。

手数料は対面で応対をする会社の方がインターネット上だけで売買を終わらせる会社よりも人件費や会社を置くための家賃なども必要になってくることから割高に設定されています。

既に買いたい銘柄や逆に売却したい銘柄が明確な投資家にとっては、わざわざ出向いて対面で購入するメリットはあまりありませんので、インターネットで売買をしてしまう方が手軽な上に手数料は安くなります。

対面販売のメリット

一方でまだ株取引自体をあまりしたことがない株を始めたばかりの投資家の方やインターネットの操作が苦手な方は対面販売の方が良いでしょう。

対面だとまだどの銘柄を購入して良いか迷っている投資家にアドバイスもしてくれます。

証券会社の社員は株取引のプロですので、プロのアドバイスを受けたいという方には向いています。

また、各会社によってどの産業のどの分野に強みがあるのかが変わってきます。

自分の購入のしたい株の業界についてよく知っているアナリストが勤務している会社を選ぶようにすると良いでしょう。

また、対面の方が長期保有をする方向きです。

いわゆるデイトレードと言われる一日に何度も売買を繰り返します。

デイトレーダーの方は一般的に自身の判断でインターネット上で売買をします。

対面形式で購入をされる方はじっくりと企業分析を行い、短期的な値上がりや値下がりでは売却せずに会社が育っていくことを見守るような投資方法を取られる方が多い傾向にあります。

自分が長期保有で売買を行いたいのか、短期トレードを繰り返す方法で利益を得たいのか自分の投資方法に合わせて証券会社を選ぶようにしましょう。

参照元
KOYO証券

Comments are closed.