音大受験の際に準備するべきもの

音楽大学について

ピアノ、管楽器・弦楽器・打楽器、声楽など音楽を専門で勉強したい、指揮や作曲の勉強をしたいなら音大受験が視野に入ってくることでしょう。

しかし、一般の大学と比べて扱う内容が専門的かつ特殊であるため、どんな勉強をすれば良いのか、何を準備しなければならないのかなど分からないことも多いはず。

たとえば、自分の専攻科目以外にも、学科試験や聴音(聴き取る能力)・読譜(初見で譜面を読む能力)などさまざまな能力がテストされます。

ここでは、受験に必要な科目をご紹介していきます。

受験直前になって焦らないよう、しっかりと準備して試験本番に備えましょう。

大学によって入学試験に出される科目や必要な実技・学科は多少異なりますが、大まかに次のような科目の試験を受験する必要があります。

専門実技(専攻したい楽器・パート)、副科(ピアノ)、楽典、聴音、視唱、コールユーブンゲン、学科試験が代表的です。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

まず「専門実技」は、ピアノやヴァイオリン、チェロやオーボエ・クラリネット、声楽など自分が専門で勉強したい科目です。

これは当然、いくつかの実技試験があります。

入試の実技試験の場合、ほとんどが課題曲と自由曲を合わせて2〜3曲指定されるため、早い段階で情報を集めておいて練習・準備をしておきましょう。

武蔵野音大などの音大受験をする1〜2年前から、試験対策として本格的なレッスンを増やすとより効果的です。
武蔵野音大キャンパスライフ

副科として「ピアノ」も重要

副科として「ピアノ」も重要です。

大抵の大学では専門実技にプラスして受験科目となっているため準備が必要です。

ヴァイオリンやチェロ・ヴィオラ、トロンボーンなど作音楽器を小さい頃から勉強している方は大抵ピアノの経験を積んでいる方が多いのでさして問題はないですが、もし一度も習ったことがない方は、かなり早めに勉強しておく必要があるため要注意です。

決して難度の高い曲が要求されるわけではありませんが、鍵盤楽器の修得はそれなりに時間がかかるため、音大受験を志した時点で早くからスタートしておくことをおすすめします。

入学後もピアノの授業・試験はある上に、楽典や対位法・和声学を学んだり自身の音楽性を豊かにするなどメリットは計り知れないため、覚えておいて損はありません。

次に、音楽的な能力を問う筆記試験科目です。

「楽典」は、いわゆる音楽理論のことです。

調や音名・階名、強弱や緩急を表す記号、楽譜の読み方まで、音楽的な学力が問われます。

五度圏など暗記が必要なもの、度数など解き方にコツがいるものなど、専攻科目を練習・勉強していただけでは身に付かないものが多数あるため、こちらも早くから取りかかっておきましょう。

各大学の資料請求とともに、過去の問題傾向が調べられたりするので、それをもとに勉強するのも忘れずに。

耳の力、そして記譜能力が問われる「聴音」も試験科目です。

ピアノで数小節を演奏し、30秒間間隔をあけて再度同じ旋律を演奏する、というローテーションを繰り返し、その間に聴き取った音を譜面にしていく試験です。

大抵は単旋律、簡単な和音です。

絶対音感があれば簡単ですが、絶対音感がなくても順当に訓練を積めば相対音感は必然的に身に付いてくるので、繰り返し練習・訓練を積んで自分なりのコツを見つけておきましょう。

「視唱」や「コールユーブンゲン」について

「視唱」は、当日与えられた単音旋律の楽譜を楽器で確認せずに、伴奏なしで歌う試験です。

読譜能力はもちろん、正しいピッチとリズムで歌える音楽能力も必要です。

基準音は与えられるため、絶対音感がなくても相対音感さえ備わっていれば十分対応できます。

また、聴音や視唱と重なってくる科目として「コールユーブンゲン」もあります。

合唱練習曲集である「コールユーブンゲン」の本の中の曲を歌う試験です。

当日に歌う曲を指定されるため、どこが指定されても歌えるように全曲慣れておきましょう。

そして、一般的な学科試験もあります。

大学によって異なりますが、大抵の音大は最低でも国語(現代・古文・漢文)、英語が必要となります。

国立ともなると三教科以上の場合もあるため、音楽だけに絞らず学科試験の準備も必要となるため要注意です。

過去問・対策があるなら、しっかりとチェックしておきましょう。

センター利用ができる大学は、足切り点に注意です。

ちなみに、英語はドイツ語・フランス語など別の言語でも試験を受けることができる大学もあります。

演奏家として活動する上で外国語は必要不可欠なので、音楽の勉強と一緒に進めておいた方が将来のためです。

仮に、海外に行かなくても作曲や演奏の勉強をつきつめて行けば、結局日本語の本や資料では飽き足らず、海外の本・資料を求めるようになります。

クラシックもポピュラーも海外の方が学問も教育も数歩リードしているため、外国語を何かひとつ深めておくことは大いに役立ちます。

通いたい音大が定まってきたら、早い段階で資料請求をして必要な受験科目をチェックしましょう。

大学によっては、聴音・視唱・コールユーブンゲンに関しては、どれかひとつという場合もあるからです。

レッスンや練習など、とにかく早めに準備することが大切です。

Comments are closed.