中古車選びのポイント

「ベンツが欲しい!」「でもお金がない!」「そうだ!中古車だ!」気持ちはわかりますが、ここは一旦焦らずに落ち着きましょう。
中古車マーケットにおいて、良い車と出会えれば、新車と比べて大幅に下回る価格で手に入れることができるかも知れませんが、注意点は押さえておいたほうが無難です。

「安物買いの銭失い」とはよくいったもので、焦って購入の結論を出してしまうと、後々のメンテナンスなどで初期費用以外にお金が出ていくことになります。

確かに安全性や信頼性といった部分では比類なき品質を誇るベンツですが、中古車ともなるとその他メーカーと同様に、各車体による個体差が出ることは否めません。

参照:http://www.car-rate.info/bentz/column/index.html

中古車マーケットの仕組みとして、まず人気車種に関しては「割高」になることを理解しておく必要があります。
これは個体差の話と同じ、どのメーカーにも言えることですが、人気しているということは、その分流通在庫は少なくなります。

絶対数が少なくなると、その車の市場価値は上がるので、それが価格に反映されることになります。
また、マーケットには必ず「相場」というものが存在するので、同じ車種ならどのお店で買っても、びっくりするような価格差はまず付きません。

また、「中古車に掘り出し物はない」が常識とされるほど、価格とその車の程度は比例するので、他で調べた価格と極端に差がある場合は、安くても注意が必要です。

その点、価格の裏付けを正直に丁寧に話してくれるかどうか、客側の質問に対して誠実かどうかというのは、良いお店選びをする上で、非常に大事なことと言えます。

お客様視点かどうかでいうと、試乗に快く応じてくれるかどうかも重要です。
最近は「売約でなければ試乗はお断り」というお店もあるようですが、
車選びで試乗はなくてはならないものです。

試乗せずに購入を自ら決めてしまうようなことがないよう、必ず試乗はしておきましょう。
中古車選びは自分の本気度と根気がものをいいますね。

Comments are closed.