おいしい調理方法

マグロと言えばお刺身、もしくはお寿司、と考えている人も多いでしょう。
そのくらい、マグロはお刺身やお寿司として日本人に親しまれてきました。
確かに、お刺身やお寿司として生でわさび醤油で食べるマグロはおいしいものですが、マグロのおいしい食べ方は他にもいろいろあるんです。

よく見るのは、マグロのカルパッチョでしょうか。
マグロのサクを薄切りにして、オリーブオイルとレモン汁、塩コショウで味付けします。
少し和風にしたければ塩の代わりに醤油を使っても良いですね。
簡単でお洒落な洋食ができます。

また、韓国風にピリ辛ユッケ風マグロもいいですね。
コチュジャン、トウバンジャン、醤油、酒を混ぜ合わせて、サイコロ状に切ったマグロとアボカドに和え、レタスの上に乗せるだけで、おいしい一品料理になります。

中華風なら、ごま油と醤油、白ごまで和えます。
サラダにも丼ものにもよく合いますよ。

マグロはこのように、ただ刺身として食べるだけでなく、洋食、韓国、中華と様々な味わいを楽しむことができる食材です。
また、前日のお刺身が残ってしまったときは、火を通してもおいしく食べることができます。

マグロステーキとして売られているマグロもあるくらいですから、当然、マグロは火を通してもおいしい魚です。
漬けにしておいたマグロの表面だけを焼くと、香ばしさを楽しむことができますし、バターとコショウで洋風にしてもまた一味違った楽しみ方ができます。
ただし、あまり中まで完全に火を通してしまうと身が硬くなってしまうので注意が必要です。

完全に火を通したい場合は、煮魚にするか、蒸すようにしましょう。
ツナはもとはと言えばマグロですから、ほぐし身にしてツナとして使うことももちろんできますよ。

マグロといえばお刺身、という固定観念にしばられていた人は、これを機に様々なマグロの楽しみ方にチャレンジしてみてください。
特売のマグロだって、調理法によってはとてもおいしく食べられるんですよ。

 

引用元:マグロ 通販 美味しさの秘密とは?

Comments are closed.