皮膚科クリニックで診察してもらう際

皮膚に何らかの異常がある場合、皮膚科クリニックに行きましょう。
そこでなぜ症状が起きたのか、今後どうすれば良いのかを皮膚科クリニックの医師にレクチャーしてもらえるはずです。

特に、今後どうするのかはしっかりと聞いておくべきです。
なぜ少々が発生したのかも大切ですが、今後どうするのか。薬を塗るのか。
安静にしておくのか。
ライフスタイルで気を付けるべき点は何か。せっかく診察してもらっても、医師の指導に反する事を行っては再発する可能性もあります。

完治していないのに無理をすれば、再び症状に悩まされるかもしれません。
皮膚の異常も様々な種類があります。
表面上だけの問題であれば、ある程度静養していればいずれ元通りになります。
※参考→武蔵村山さいとうクリニック

ですが、体の内面からの問題の場合、いつまで経っても良くなりません。
肌の状態が悪いという苛立ちだけではなく、自分がどうなるのかという不安も出てきます。

その場合も何に気を付ければ良いのか教えてくれます。
食生活はどうするのか、薬を飲むタイミングはどこなのか。
あれこれ質問すると、医者が機嫌を悪くするのではと思って遠慮する患者もいます。
ですが、遠慮する必要はありません。

分からない事があれば質問しても問題ありません。
むしろ分からないままにして、再発しては意味がありません。

「医者」という肩書の偉大さに負けて、言いたい事が言えない患者も多いようです。
確かに医者は頭が良いですが、頭が良いのと偉いのとは別問題です。

患者として医者の前にいる以上、どうすれば良いのか質問しても問題ありません。
むしろ分からない事があるのに、そのまま帰宅する方が何が起きるか分かりません。
医師としても、分からない事はどんどん聞いてもらいたいと思っています。

医者は頭が良いので、馬鹿にされるのではないかと思っている人もいるようですが、医者より頭の良い人などなかなかいません。
ましてや医学に関しては医者は専門家です。
患者は無知で当然なのです。
だからこそ、分からなければ質問しましょう。

Comments are closed.