Archive for 8月, 2018

産業廃棄物の処理は専門処理場に任せることが求められています

金曜日, 8月 24th, 2018

●産業廃棄物の処理は専門業者を利用して処分することが求められている

事業所によっては運営していく上でゴミが大量に出てしまうことがあります。

普通のオフィス関連の場合では書類や生活ゴミに限定されている傾向にあるので、普通の方法で廃棄できますが、そうではない特定のゴミを処理する際には産業廃棄物として処分することが求められています。

法律によって定められていることなので、該当する事業者は必ず専門業者を利用して廃棄しなければなりません。

では、どのようなゴミが該当するのかと言えば、燃え殻や汚泥、廃油や廃プラスチック、ゴムや金属、ガラスなどがメインでしょう。

事業所別では建設業から出てしまう木材やがれき、繊維業から出る繊維のゴミ、食品工場や医薬品工場から出る特殊なゴミ、農畜産業などで出る糞尿なども該当しています。

このような廃棄物は各市町村で決められている普通のゴミとして処分できないので、産業廃棄物を主業にしている会社を利用することで法律を守って処分できます。

全国各地に産業廃棄物処理場が運営されていて、民間による施設がメインです。

このような事業所では許可申請を行っているので、法律を順守した状態で最終的な処分を担当しています。

処理場については公共の施設ではないために、営利目的で運営されていることも一般的です。

●産業廃棄物処理場を利用するには処分料金が発生する

従って、利用するには処分料金が発生してしまいます。

利用者は井草実業などの事業所と契約を結んで定期的に廃棄物の運搬から処理を依頼する方法も用意されていますが、持ち込みを可能にしている処分場が多いものなので、自社で運搬用のトラックを所有していて、廃棄物を積み込んで処分をしていることも珍しいことではありません。

このような廃棄物の場合、料金設定については重量で決まっていることも一般的です。

例えばトラックに廃棄物を積んで処理場に向かった場合、入り口でトラック全体の重量を計測します。

ドライバーはそのまま重量計測装置の上にトラックを停車させているだけで、即座に重量測定が行われるので、負担を感じてしまうことがありません。

次に指定された場所に積んでいる廃棄物を捨てることになりますが、普通では利用されているトラックの多くが荷台を傾斜させるタイプを用いているので、肉体的な負担をなくして廃棄できます。

最後は再び入り口にトラックを移動させ、入った時と同じようにトラック全体の重量を計測することで、廃棄したゴミの重量を把握できるシステムです。

計測後には重量によって定められている料金を支払う方法になるので、現金を持って処分に出掛けることも基本的なことです。

重量によっては多額の料金が発生してしまうことになりますが、その一方で逆にお金を作ることが可能な事例もあります。

●金属の廃棄物の場合では一般的な産業廃棄物の処理場では買取りを行っている

金属の廃棄物の場合では一般的な産業廃棄物の処理場では買取りを行っています。

同じように重量によって買取り金額が変わってくるので、当然ながら多いほどお金を多くもらえる内容です。

注意が必要な点があり、例えば木材などと金属類が同じトラックに載せている場合では、金属の重量を正確に判断することができません。

そのため、少しでも節約を考えている事業者の場合では、混合するゴミが大量に出てしまうのであれば、金属ゴミだけを別の場所に一時保管しておき、ある程度溜まったら金属だけを処理場に持ち込む方法も効果的です。

誰でも簡単に利用することは可能とされていますが、書類を提出することも必要とされています。

事業所名や住所、連絡先の他、廃棄物の内容等も記載する書類が存在しているので、予め利用する処理場のシステムを把握することも欠かせません。

このように集められた廃棄物については、処理場にて最適な方法で処分されることも基本です。

●再生可能でリサイクルできる資材であれば、処理場できちんと分別をして処分を行う

再生可能な廃棄物というものがあり、リサイクルできる資材であれば、処理場できちんと分別をして処分を行います。

特に木材や紙、金属の場合ではリサイクルを行う施設が別に存在しているので、処理場ではこのような施設を利用して最終的な処分を行っています。

悪質な事業所の場合では、廃棄物を山中などに投棄してしまうことも社会問題化に発展していることも目立ちます。

そこには正式に処分した場合、多額のお金が掛かってしまうことが原因とも言われていますが、現在ではゴミ関連においては国内規模だけではなく地球規模で最適な状態で処理をすることが推進されており、実際にリサイクル施設も充実しています。

そのため、何らかの事業を行っていて、廃棄物が出てしまう環境であっても不法投棄はせずに産業廃棄物として正しく処分することは当然の義務として行う必要があります。

量の問題ではなく、少しの廃棄物であっても法律を守って処分することが求められているので、多少の手間が掛かったとしても専門の処理場を利用することが必須要件になります。

知らずに普通のゴミとして処分をしてしまっている事業所も存在していることも事実ですが、事業の運営上何らかのゴミが出るような場合では、前もって産業廃棄物についての知識を得ることも責任者としては当然のことではないでしょうか。